Press "Enter" to skip to content

エロイプ掲示板で知り合った子のリアル潮吹きを初めて見た

アダルトビデオを見ていると女性が潮を吹いているシーンがよくありますが、これまで私が付き合った女性の中で潮を吹くのは見たことがありません。
だから一度そんな場面を見てみたくて、エロイプ掲示板では潮を吹く女性を探し求めていました。
でもまさか始める前に「あなた潮を吹きますか?」と尋ねるわけにもいかずそのまま期待してプレイしていたのですが、これまでの何十人かの女性では残念ながらその願いは叶えられませんでした。
ところが、先日プレイしたのは私が待ちに待った女性だったのです。
彼女はサイトのプロフィールに「ときどき潮を吹きますがそれもよければエロイプしましょう」と書いていました。
それを見つけた私は、思わず小躍りしてしまったくらいです。
さっそくアプローチして、プレイを始めることにしました。
プレイの前にまずは確認です。
「どれくらい潮は吹くの?」「うーん、いつもじゃなくすごく興奮したときだけ」「どれくらい吹くの?」「おしっこをしているくらいかな」
私は女性がおしっこをしているのを見たことはありませんしすごく興奮したときしか吹かないというのでちょっと残念な気になりましたが、とにかく最善を尽くそうと思いました。
プレイが始まると、さっそく彼女はパンティを脱いでアソコをいじりだしました。
それを見て興奮した私もパンツを脱いでオナニーを始めました。
やがて彼女の指の動きが激しくなり声も大きくなっていくのを見ているうちに、「イキそう、イク、イク、イっちゃう〜」と言うと同時に、アソコからすごい勢いで水しぶきが溢れ出しました。
その量は半端ではなく、潮がカメラに掛かるほどでした。
私はアダルトビデオ以外で初めて見る潮吹きに言葉も失って、オナニーの手を止めて見入っていました。
そのあともう一度彼女がオナニーをして潮を吹いたときに、私は自分自身を絶頂にイカせることができました。

エロイプでも前戯は必要です

普通、セックスをする場合にいきなり「挿入」なんてことはしませんよね。
雰囲気を盛り上げるためにそれらしい会話から始めて、ボディータッチをしてやがて本格的な前戯に進むのが一般的です。
特に女性はムードに弱いですから、それなりの雰囲気を作ったのちに前戯というパターンを経なければ嫌われてしまう可能性もあります。
そういった過程を経ることで、実際にセックスをするとさらなる興奮と快感を得ることができるのでしょう。
エロイプでも同様にやはり前戯は必要です。
特に女性はいきなり始めてもなかなか感じることができないので、前戯は十分すぎるくらい行なってもいいくらいです。
女性を前儀で感度を高めてからプレイをすることは女性の反応がよくなるだけでなく、結局男性の楽しみも大きくなるので手を抜かないようにしましょう。
エロイプにおける前戯といっても実際に相手に触れるわけではありませんから、エッチな話などでその気にさせることがそれに相当します。
とはいえ、あまり長い時間エロイプができないこともあるかもしれませんよね。
それでもまったく前戯なしではなく、たとえ5分程度でも前戯があるのとないのとでは、お互いが得られる興奮度や快感度が大きく異なることを認識しておきましょう。

テレビ電話のようにお互いの映像を見ながら会話のできるSkypeを楽しんでいる人もたくさんいますが、その機能を利用してエッチなプレイをするエロイプ掲示板も人気です。
ぼくも今ある女性とエロイプをする仲なんですが、いろいろと注意をしなければならないこともあるようです。
というのもぼくのエロイプの相手というのが職場の同僚のエリさんという女性なんですが、結婚して子供もいるんです。
最初はぼくもエリさんもウサギを飼っているので、おたがいのウサギを見せあいっこしようとSkypeを始めたのがきっかけです。
そのうちにウサギのことだけでなくいろいろと話も合うことがわかって、頻繁にSkypeでおしゃべりするようになりました。
親しくなるにつれてプライベートなことも話をするようになり、彼女の旦那さんのことや子どものことなども話題にのるようになってきました。
エリさんの旦那さんは仕事が忙しくまた出張も多いので家にいる時間が少なく、子どもの世話から家事まですべてエリさんまかせであることなどいろいろと愚痴ってきます。
ぼくはそれを「うん、うん」と聞いてあげているのですが、何となく旦那さんに対して腹立たしい思いがこみ上げてきました。
なぜなら、ぼくはいつのまにかエリさんにほのかな行為を抱くようになっていたからです。
その日もぼくはエリさんとSkypeでおしゃべりをしていました。
旦那さんは現在出張中ということもあり二人でお酒を飲みながら話をしていたのですが、お酒のせいもあってか、彼女は「最近セックスレスで寂しい」と大胆告白するんです。
その告白にぼくは驚きましたが、これもお酒のせいなのか「じゃあ、ぼくとここでエッチする?」とズボンを下ろしてすでに勃起したアソコを見せました。
すると彼女もうなずいてパンティを脱ぎ、そこでエロイプが始まりました。
やがて興奮のクライマックスに差し掛かった時、突然Skypeが切れてしまいました。
ぼくは勃起したままのアソコを握りしめて茫然としてしまいましたが、数時間後に彼女から連絡があり、旦那さんが予定より早く出張から帰ってきたので慌てて切ったとのことでした。
ただその日を境に、ぼくたちはエロイプを楽しむ仲になったんです。

SもMも両方いける

日ごろエロイプをする場合にSである私は女性を責めるのですが、今回出会った女性も私と同じSでした。
その時点で同じSならプレイできないと断ってもよかったのですが、ふと責められる感覚ってどんなものだろうかという思いが起こったんです。
また、今後自分が女性を責める場合の何か参考になることがあるかもしれないと考えたことから、今回は私が責められる役割になることにしました。
さっそくプレイを始めたのですが、その女性は想像以上にドSだったようで、容赦なく私を罵倒する言葉を投げかけてきます。
最初はその言葉攻めに違和感を抱いていたのですが、いつの間にか少しずつ快感を覚えている自分に気付きました。
やがて快感は高まり、思わず撃沈してしまったんです。
まさかSの自分が責められてイカされるとは思ってもいなかっただけにショックを受けたんですが、彼女はそれでも責め続けてきます。
やがて私の口から「もっと虐めてください」という言葉が出たときには本当に驚きました。
でもおかげで、最近はその日の気分によってSとMを使い分けて楽しんでいます。

リアルではダメでもエロイプならできる

私はSっ気があるので女性を責めるのが好きです。
けれどもいざセックスとなるとなかなかうまく責めることができません。
というのも実際は気が弱くあまりきつく責めると嫌われてしまうかもしれないと心配してしまうからです。
だからセックスをしたときは常に不完全燃焼な感じが付きまとってしまいます。
けれども、最近知ったエロイプ掲示板なら思う存分自分のペースで女の子を責めることができるので楽しくて仕方ありません。
実際にリアルな相手ならなかなかうまく責められなくても、音声でやり取りするだけならガンガン責めることができます。
女の子って、基本的にMかSかに分けられるようですね。
最初にちょっとおしゃべりするだけで、この子はMだとかSタイプだなというのがわかってしまいます。
女の子がSなら私が十分に楽しむことができませんから、うまく話を終わらせて別のMの女の子を探します。
そしてMの女の子と出会ったなら、卑猥な言葉を連発してこちらのペースに引き込めばほとんどうまくいきますね。
リアルなセックスのときとエロイプのときとでは本当に人が変わったんじゃないかと自分でも思うくらい、激しく女性を責めることができるんです。